スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィハンSQ 公開レッスン チェコ語通訳を担当しました

2013/05/15 宗次ホールで ウィハンSQメンバーによるマスタークラスが行われました
愛知県立芸術大学学生・院生や卒業生で結成されているカルテット3団体が公開レッスンを受け、私がチェコ語の通訳を担当しました

チェコには脈々と受け継がれている弦楽四重奏の伝統があり、プロとして世界各地で演奏活動をしているカルテットがいくつもあります
こうした活動をしている奏者は、ソロの練習とは全く異なる弦楽四重奏に特化した練習方法や室内楽曲の組み立て方について学び、コンセルヴァトワールやアカデミーなどで徹底した実践指導を受けているわけです
チェコ弦楽四重奏の伝統奥義を伝授していただけるのだから、学生さんにとって絶好の機会ですよね

宗次ホールでは、これまでにも弦楽四重奏のマスタークラスやコンクールを開催しており、プラジャークSQ第1ヴァイオリン奏者をつとめていたV.レメシュさんが指導する際には私も通訳で参加しています
通訳業は本業ではありませんが、音楽家としての立場から、語学に精通しているチェコ語のプロとは異なったアプローチで通訳をするように心がけています

いつもレメシュさんの通訳をするときには、今までの信頼関係とか、同じステージやレコーディングをいくつも経験して共有してきた感覚があり、絶妙のタッグをくめている自覚がありました
実際レメシュさんが何を言おうとしているか言う前からほぼ内容が予測できる状態なんですが、今回のウィハンSQとは初対面だったので正直なところ通訳はしにくかったです
なぜかというと、初めての人だとどんな場面でどんな言葉を選択するのか予測がつかないため、適切な日本語を準備できないからです

それと、レメシュさんは私がひとしきり言い終わるまで待ってくれているけれど、昨日はこちらが通訳をしている間に相手はチェコ語で次のセンテンスを始めているから、ほとんど同時通訳状態、文章の後半以降を聞き逃すということが結構ありました

私が聞き逃したときに「もう一度いって」というと、相手は私がチェコ語を理解できないと受け止めて、英語に切り替える、英語とチェコ語が入り混じるととたんに聞き取りにくくなる、という好ましくない循環があって、難しさを痛感しました

チェコ人にとって英語は外国語です
英語のRの音をチェコ人はまき舌で発音します teacherなら ティーチェル forty ならフォルティ(これが強弱記号の f フォルテ ににてるため混乱しました)
彼らが英語を話し出すと、とたんにレッスン内容はcresc.dim. sf などの楽語中心になります
それと同時に母国語だからこそ聞ける、興味深い話は姿を消します
そうなると、べつに通訳いなくていいじゃん、という状況になる
英語で楽語中心のレッスンだったら、学生は自分達でレッスンを受けたほうが時間のロスなく効率的です


もし次回、面識のない方のチェコ語通訳を依頼されたら、前もって次のことをお伝えしようと思います
*いつもよりすこしゆっくりめにしゃべって
*長いセンテンスを言うときは、全部を覚えきれないからどこかで区切って、私に通訳のための間を与えて
今回の通訳で得た教訓ですね、次回にいかして上達していきたいです

弦の学生さんたちのレッスンを客観的に聞いていて、先生方にいわれていることのほとんどがフレーズのつくりかたでした
長く弧を描くように、途中で萎えることなく歌いきる、イメージを具現化することに執着を持つこと
 
ピアノ弾きの私から見ても、学生さんたちの演奏には、フレーズのスタート地点、MAX、エンディングがはっきりしないことが目に付きました、フレーズを作るための基本作業は欠かすことはできないと思うのですが・・ 
弦ばかりでなく、大学のピアノレッスンでもそのテーマが一番多く割合を占めます 
これはどうしてなんでしょうか、日本語の言語から派生する影響なんでしょうか
弦奏者が扱っているのは単旋律なんだし、フレージングのことはいつも考えるものだと思うのだけどなあ
私の考えがおかしいのかな~みなさんはどう思われますか?ぜひご意見をお聞かせください

今日は辛口のブログになっちゃいましたね
県芸の学生さんたちはポテンシャルは高いので、レッスンで学んだことをひとつひとつ自分のものにしてさらに発展していって欲しいと願ってます 


ピアノ奏者として、そしてチェコ語通訳者としても貴重な機会を与えてくださる宗次ホールに感謝!
弦楽四重奏を育てようとしてくださっている取り組みに感謝!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

榊原祐子

Author:榊原祐子
ピアニスト 名古屋音楽大学講師 
ピアノソロ、弦楽器奏者や声楽家とのコラボを中心に演奏活動
体の使い方、音楽と言語との結びつきに着目したピアノレッスン、マスタークラスのチェコ語通訳、ピアノコンクール審査員など多岐にわたる活動を展開中

FC2プロフ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。